2999年12月31日

お知らせ

ホームページ「豆助ノート」は2015年末予定で閉鎖します。閉鎖しました。
このブログ「豆助のチラ裏」は引き続き公開・更新していきます。

WindowsUpdateについて
WindowsUpdateの公開日はアメリカ時間で毎月第2火曜日、日本時間だと毎月第2火曜日の翌日になります。
(参考:Technetのセキュリティ情報リリーススケジュール
公開直後は何かと不具合が多いので、様子をみるために公開から1週間ほどたってから不具合に関する情報に目を通したうえで、WindowsUpdateを実行することを強くおすすめします。

Master of Epic(MoE)について
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月26日

2016年04月のWindowsUpdateの更新確認が遅い件

今月は手順踏まないと更新確認が極端に遅い不具合と、いくつかのソフトが正常動作しなくなる不具合、あと特定環境といっていいかもしれないけど、PC起動不可になる不具合が・・・このところ良好だったのに・・・(´・ω・`)

WindowsUpdateの更新確認が極端に遅い

いつものこと・・・といいたいところですが、今月のは1時間どころではなく半日放置しても進んでないケースもあったりで、念のため対処しておいた方がいいかなってことで。

対処としては、先月公開の「KB3138612」と今月公開の「KB3145739」の2つを先に適用しとけばおk。
こちらのskさんのコメントに、今月公開の「KB3145739」を追加って形ですね。
手順は以下の通り。
KB3138612」適用済みな人は、3.からでおkです。

  1. 先月公開の「KB3138612」だけを適用
  2. PC再起動
  3. 今月公開の「KB3145739」だけを適用
  4. PC再起動
  5. WindowsUpdateの更新確認をしてみる

WindowsUpdateの更新リストからの適用でも問題ないようですが、「そこがそもそも遅いんだよ」って人も多いでしょうから、上記リンクからファイルをダウンロードして、手動で適用するのをおすすめしときます(=゚ω゚)ノ
それぞれのOSにあったものを選んでダウンロードしてくださいませ。
※2016年5月1日追記※
なお、上記リンクは64bitのWindows7のものです。
32bitのWindows7向けは「KB3138612」「KB3145739」となります。

「KB3146706」「KB3147071」を適用するといくつかのソフトが正常動作しなくなる

うちが確認したところだと、Microsoft Office、Sandboxieの2つ。
MSコミュニティでもこの件に触れてますが、他にもPhotoshopやFirefoxなんかも起動しない・フリーズするなどで正常動作しないとか。
でも、うちではそれらは正常動作してる(ようにみえる)んですよねぇ・・・環境依存なとこあったりするのかも?

2016年4月26日現在、「KB3146706」はチェックが入ってない状態で更新リストに並ぶようです。
一方「KB3147071」はチェックが入った状態になってるようなので、確認してチェックを外しておくことをおすすめします。

Windows7でSecureBootを有効にしている場合、「KB3133977」を適用するとPCが起動しなくなる

パワーデポ八戸店様の記事にもあるように、Windows7でSecureBootを有効にしている場合にのみ?発生する不具合です。
って、そもそもSecureBootはWindows7非対応(Windows8・8.1以降に対応)のはずでは(; ^ω^)
UEFIモードでインストールすれば対応するんだったっけ?
うちのPCはUEFIなマザボじゃないんでよくわかりません・・・すいません('A`)

ハマってしまうと深刻な不具合なので、もし心当たりがあるなら「KB3133977」は適用しないでスルーしておくのがいいかと思います。
該当する人はほとんどいないんじゃないかなーって気もしますが、一応。

もしこうなってしまった場合は、「マザボのBIOSメニューでSecureBootを無効」にすれば、起動不可の状態から抜け出せるかもしれません。
SecureBoot無効化はMSDNにも解説あるし、PCやマザボのマニュアルをみればわかると思います。
ただし、運用中にSecureBootの有効/無効を切り替えることは危険を伴うようなので、そこんとこ注意してください。

2016年4月26日現在、「KB3133977」はチェックが入ってない状態で更新リストに並ぶようです。

以下余談。
「CPU使用率がずっと25%とかで張り付いてんだけど」って話。
参考程度にと前置きさせてもらいますが、ほとんどの場合「WindowsUpdateの更新確認のためにsvchost.exeが動いてる」ことが原因です。
というわけで、[WindowsUpdate]-[設定の変更]の「重要な更新プログラム」のところを「更新プログラムを確認しない」にすれば勝手に更新確認をしなくなるので、このCPU使用率張り付きもなくなります(・∀・)

20160426_01

ちなみに、「更新プログラムを確認しない」以外だと、隙をうかがっては更新確認しています。
更新確認がスムーズなときはともかく、先月・今月のように何らかのKBを適用しないと更新確認が遅い場合は、それがCPU使用率の上昇・張り付きに繋がってしまうってわけですね(*´・∀・)(・∀・`*)ヘー
これまでのWindowsUpdateの不具合で悩まされた人はすでに「更新プログラムを確認しない」にしてるかとは思いますが、思い当たる節がある人は再度確認してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月30日

2016年3月のWindowsUpdateは大丈夫ぽい

というわけで先月に引き続き、今月も不具合は見当たりませんでした。
WindowsUpdate自動更新がデフォとなるWindows10移行を促すためか、今年に入ってからのWindowsUpdateは慎重になってる感じがします。
なお、Windows10のWindowsUpdateは一応自動更新しない設定(TechNetの説明がわかりやすいかも)にもできるようです。
ともかく、この調子で安定したWindowsUpdateを公開してくれると助かりますね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

さてさて。
これまで何度かWindowsUpdate後の「Windows更新プログラムの構成中」が長いという話をしましたが、最近はさらにWindowsUpdate開始時の「更新プログラムを確認しています」にも時間がかかることが多いです。
安易に考えると「WindowsUpdateの鯖が混雑しているんだろう」というところですが、その原因が「Windows7のWindowsUpdate鯖の割り当てが減った」ことにあるという説がチラホラしてます。
明確なソースは見当たらないので憶測でしかないのかなと思うんですが・・・でも実際、うちでもWindows7よりWindows8.1のときの方がWindowsUpdate更新確認は早かったりするんですよねぇ(´・ω・`)
やっぱりそういう事実があるのかな?
それとも単純に更新内容の数の差かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«2016年2月のWindowsUpdateは不具合なし?