« スキン編集まとめ・画像編集 | トップページ | スキン製作まとめ、始めました »

2011年6月17日

スキン製作まとめ・製作の流れ

まずは公式にあるスキン解説をみてください。

以下、うちが製作・調整するときの大雑把な流れ。
例としてスキン名称を「sampleskin」とします。

1.
ベースとなるスキン画像を画像編集ソフトでいじって、BMP形式で保存。
なお、R:0/G:255/B:0は透明色として扱われるので、透明にするところ以外ではこの色を使わないように注意。
保存するときのファイル名はスキン名称と同じ、つまり「sampleskin.bmp」で保存というわけです(*‘ω‘)
ベースにするスキン画像は何でもいいんですが、公式からDLできるスキンサンプル01とか無難なやつがおすすめ。

2.
MoEインストールフォルダ(デフォルトだとC:\Rosso Index\Master of Epic)のskinフォルダに、スキン画像「sampleskin.bmp」をコピー。

3.
ここでMoE起動(`・ω・´)
ログインしてから[システム]-[オプション]-[表示]-[スキン]のコンボボックスをクリック。
そこに2.でコピーしたスキン「sampleskin」があるはずなので、選択してスキンを変更してください。
なかった場合は2.の作業がうまくいってないってことなので、MoEを終了してから再度2.をやりなおしてください。

4.
[システム]-[オプション]-[カラー設定]でウィンドウやテキストの色を調整。
面倒だったら一番上にあるコンボボックスで「デフォルト1」・「デフォルト2」・「デフォルト3」のどれかを選んで、その右にある[全デフォルト設定]を左クリックしてください。
これでそれぞれのデフォルト設定が、全部の調整項目に適用されます。

5.
MoEの画面とスキン画像とを比べながら、必要であれば4.もしつつ、ひたすら修正&調整。
当たり前のことですが、修正&調整はskinフォルダのスキン画像で行ないます。
ちなみにMoE起動中は、3.をすることで随時スキン画像を再読み込みするので、MoEを起動させたままスキン画像を編集して保存して、3.をやって確認して・・・という具合に修正&調整できます。
これを繰り返し、納得いくものに仕上がったら完成ヽ(´∀`)ノ

スキン画像には使われないパーツがあったり、スキンとして使われるときに拡大・縮小・変形の影響を受けたりなどなど、いろいろ気になる点があります。
そういう点も含めて、スキン製作はとにかく5.の作業をこつこつやってく地道な作業なのです(´・ω・`)

なお、別PCでスキンを使う場合は、skinフォルダにあるスキン画像「sampleskin.bmp」とカラー設定「sampleskin.ini」の2つをセットでコピーしてください。
スキン画像しかない場合はカラー設定が反映されないので、意図した通りの表示にならないことがあります。

|

« スキン編集まとめ・画像編集 | トップページ | スキン製作まとめ、始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキン製作まとめ・製作の流れ:

« スキン編集まとめ・画像編集 | トップページ | スキン製作まとめ、始めました »