« ミトヤの採集マップできたよー | トップページ | VMware Toolsのiso抽出ツール「VMTE」がtar解凍処理もできるようになりました »

2013年9月13日

商品検索がきた!

ついに実装されました!ヽ(゚∀゚)ノ
商品検索については賛否両論ありましたが、価格非表示という「程よい便利さ」で実装されてていいなと思ってます。
・・・が、個人的に惜しいなーって点もあったり。

検索結果クリックしてもマップにカーソル表示されない
検索結果には番地が表示されますが、タウンマップ(/townlist)と違って番地文字列をクリックしてもマップにカーソル表示されません(´・ω・`)
マップにカーソル表示させたい場合は、検索結果の番地をタウンマップから探してクリックする必要があるので、そこんとこちょっとめどい。

アイテムリンクを貼った検索は無効
[Paste ItemLink]でアイテム名を貼った場合は、検索文字列とみなされないため検索無効になります(´・ω・`)
こういう検索方法はあまりしないと思うんですが、一応ダメだったってことで。

まぁ後者はぶっちゃけ仕様上の問題なので仕方ないんでしょうけど、前者はどうにかしてほしいな・・・番地だけみて「あそこだな」ってわかるほど、家Ageはわかりやすくないしね(*´゚д゚)(゚д゚`*)ダヨネー

最後にうちの商品検索マクロを晒してみる。

20130913_01

1行目
チャットバーが文字入力中のとき3行目が不発するのを防ぐため、ここでチャットバーを消す。

2行目
検索結果をマップで探しやすくするためにタウンマップ表示。

3行目
チャットバーに「/vendorlist(半角スペース)」を入力。
最後の半角スペース忘れずに(`・ω・´)
「(半角スペース)アイテム名」より「アイテム名」だけのが入力楽でしょ?

「検索結果の番地をタウンマップから探してクリックしてマップにカーソル表示」って手間はどうしても発生しちゃうけど、でもこれはこれで結構便利に使ってます。

|

« ミトヤの採集マップできたよー | トップページ | VMware Toolsのiso抽出ツール「VMTE」がtar解凍処理もできるようになりました »

コメント

わ、これ凄い。
手打ちしてましたがマクロ使わせて頂きますね~。
タウンリストから選ぶのは少々の手間ですけれど、今までウィンドウショッピングで良くも悪くも時間を取ってた分、と思えば短いものですね~。
惜しむらくはそのウィンドウショッピングする人口が減っちゃいそうな所でしょうか。f(’’;

投稿: Ferica | 2013年9月15日 01時10分

スキル上げぽちぽちしつつベンダー覗いて回って・・・みたいなのも減ったように感じますねー。

検索結果とマップカーソル表示が連動しない件。
一手間かかるからどうにかしてほしいなーと思ってましたが、あれって実は不便さというか他機能(タウンリスト)に頼らざるを得ない部分を残すために、あえて連動しないようにしてるのかなーと思ったり。
そう考えると、これはこれでナイスバランスといえるのかもしれないですね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

投稿: 豆助 | 2013年9月16日 07時38分

豆助さん、ご無沙汰しております。
パソコンのことでちょっと手助け頂きたく、大変お手数ですが当サイトまでお越し頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。m(_ _*)m

投稿: Ferica | 2013年9月30日 10時07分

何度か運営にメールをした、このマクロに関するMoEの不具合をここで報告しておきます。
3行目の最後の半角スペースですが、/savemacroして/loadmacroすると、消えてしまうのです・・・

投稿: | 2013年10月 1日 05時12分

/savemacro・/loadmacroは使ってなかったんで、行末の半角スペース消されちゃうってのは気付きませんでした^^;;;;
マクロ記述的に行末の半角スペースを消すって仕様はわからなくもないんですが、たとえば/chatbarに限定して行末に半角スペース有効にするとか、半角スペースの代替文字を用意するとか、そういった対応をしてくれるとありがたいですねー。

投稿: 豆助 | 2013年10月 2日 22時30分

こんばんわ、例の件ありがとうございました。
思ったより酷かった様であの様な結果になりましたが、ご助言頂けて感謝しております。
中々コンピュータの扱いは難しいものですね。;;

投稿: Ferica | 2013年10月14日 01時38分

>>Fericaさん
うう、解決に至らず申し訳ないです><
「修復インストールかリカバリー」って結論になってしまいましたが、実はDHCP云々に限定すれば「DHCPクライアントサービスの動作に必要なファイルとレジストリを手動で復旧」ということもできなくはないんですよ。
でもそれだけでネット接続ができるようになる確証はないし、仮にできたとしても、他の部分に不具合が残っている可能性もあるし・・・つまり原因の特定ができてない状況で、これ以上あれこれするのは得策ではない→修復インストールかリカバリーの方が懸命と思ったわけで。
言い訳にしかなりませんが、そういったことも含めての結論ということで受け止めてもらえたら幸いです。

まぁWindowsにしろLinuxにしろ(Macは触ってないんでわかりませんw)表面上は扱いやすくて便利。
でも、下に潜るとやっぱり複雑・・・できればトラブルなしで使っていきたいもんですね。

投稿: 豆助 | 2013年10月15日 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品検索がきた!:

« ミトヤの採集マップできたよー | トップページ | VMware Toolsのiso抽出ツール「VMTE」がtar解凍処理もできるようになりました »