« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日

2016年1月のWindowsUpdate

新年最初のWindowsUpdateがやってきました。
今年は不具合少なめだといいですね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

で、早速ですが1つありました。

「KB3119142」の適用に成功しても再度リストに表示されるという現象が、何度やっても繰り返し発生することがある

MSコミュニティでも取り上げられてますが、バージョン情報の誤りかリスト更新の不具合か、このように今月のWindowsUpdate「KB3119142」の適用に成功しているのに

20160123_01

再度WindowsUpdateで[更新プログラムの確認]をしてみると

20160123_02

適用に成功してるはずの「KB3119142」がまた出る!( ゙゚'ω゚')
しかも何度適用→成功してもまた出る!:(;゙゚'ω゚'):

そういえばこのKBってVC++2012ランタイムだよな、あれって32bit・64bitの両方あるよな、ってことで[コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]で確認してみると

20160123_03

やっぱりバージョンが食い違ってる・・・ってことは「KB3119142」で更新されるのはOSと同じ64bit版のVC++2012ランタイムだけで、32bit版は更新されないんだろうな。
でも更新確認ではOSとは違う32bit版も検出しちゃって、「まだ更新されてない」と判断しちゃうとか・・・いや、実際どうかはわからないけど、多分そうなんだろう、そういうことにしよう(`・ω・´)

さて大雑把に原因がわかった(ことにした)ところで、対処してみましょう。


「KB3119142」の更新内容であるいわゆるVC++2012ランタイムは、場所によって「Microsoft VisualC++ 2012 Redistributable」だったり「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」だったりと表記が異なります。
32bit版・64bit版の差以外は同じなので、ここでは「VC++2012ランタイム」と表記を統一しています。

1.
[コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]で、バージョンが11.0.61030になってないVC++2012ランタイムを探し、右クリック→出てきたメニューの[アンインストール]を左クリック。
うちの場合は32bit版(x86)がVer. 11.0.50727と古いままだったので、これをアンインストールします。
一応、アンインストールしたら再起動しとくといいかも。

20160123_04

VC++2012ランタイムがないという人は、ここで作業終了してWindowsUpdateを進めて「KB3119142」を適用してください。
そのまま適用してもこの不具合は出ません(・∀・)
また、VC++2012ランタイムはあるけどVer. 11.0.61030しかないという人も、ここで作業終了してWindowsUpdateを進めてください。
すでにVC++2012ランタイムが更新されてるので「KB3119142」が表示されず、当然不具合も出ません(・∀・)

2.
古いVC++2012ランタイムをアンインストールしたら、最新のVC++2012ランタイム Ver. 11.0.61030をDL→インストールします。
Microsoft公式のDLページの[ダウンロード]を左クリック。

20160123_05

3.
続けてDLするファイルを選びます。
1.でアンインストールした古いVC++2012ランタイムにあわせてください。
うちの場合は32bit版(x86)をアンインストールしたので、末尾に「x86」のファイルにチェック。
もし1.で32bit版(x86)・64bit版(x64)の2つをアンインストールしたなら、末尾に「x86」・「x64」の2つにチェックです。
そしたら、(画像に入ってませんが)右にある[次へ]を左クリック。

20160123_06

4.
DLしてきたファイルを実行します。

4-1.
ライセンス条項に目を通して[ライセンス条項(ry]にチェック。

4-2.
[インストール]を左クリック。

20160123_07

5.
しばらくするとインストールが完了します。
[閉じる]を左クリック。
インストール完了後の再起動は必要ない気もしますが、念のためここでも再起動しとくと安心。

20160123_08

6.
では確認。
[コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]で、VC++2012ランタイムがVer. 11.0.61030だけになってれば成功ですヽ(゚∀゚)ノ

20160123_09

ほんとにだいじょぶか?って人は、念のためWindowsUpdateの[更新プログラムの確認]で、「KB3119142」が出てこないことを確認してみてください。

まとめときましょう。
VC++2012ランタイムをインストールしていて、それがVer. 11.0.61030より古い場合は、WindowsUpdateの前に2.からの手順でVC++2012ランタイムをVer. 11.0.61030に更新して、それからWindowsUpdateでおk=最初から「KB3119142」が出てこない。
32bit版・64bit版両方をインストールしてる人は、両方とも更新しておくこと。
VC++2012ランタイムをインストールしていない環境ではこの不具合は発生しないので、普通にWindowsUpdateを進めておk=「KB3119142」が出るけど問題なく適用できる。
もしすでに「KB3119142」を適用してこの不具合が発生しているなら、1.からの手順で対処。

今月は「KB3119142」以外は問題なしと判断しました。
「KB3119142」の不具合は再起動ループやフリーズなど動作が不安定になる類のものじゃないんで、大げさにすることもないんかもしれないけど、うーん、やっぱり今年もWindowsUpdateには不具合が付き物なのかな(´・ω・`)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »